PS2名作ランキングベスト96……1位は◯◯◯シリーズの傑作

【スーパードンキーコング2】交通事故でもやりたくなるゲーム【レビュー】

ーードンッ

車通勤、いつもの渋滞で止まっていると、突然背後に大きな衝撃が走った。後ろの車がブレーキが効かずに僕の車に突撃したのだった。

はぁ、勘弁してくれ。

バックミラーには青白い顔した白髪の老人が映っていた。

TV番組でよくある『老人の免許返納についての議論』を心底どうでもいいと思っていたが、今日からは全員返納すべき意見に賛成することに決めた。

ーードンッ

2度目の衝撃が続いた。さらに後続の車が追突したらしい。

やばいと思い、僕は急いで警察に連絡した。

ちなみに3台目の運転手も白髪の老人で、薄い黒のサングラスをかけていた。アウディに乗ったサングラスジジイは、飄々としており富裕層特有のにくたらしい顔つきをしていた。

僕は60歳を超えたら必ず免許を返納することを心に誓った。

警察に連絡後、すぐに上司に事故の報告の電話をした。

「それはまずいね」とうんざりした口調の上司。

警察の調査が終わったら、すぐに出社するようにと続けた。

「たなやしき、事故だったので面倒だが反省文を書かないといけない」

僕は被害者だが、組織にいる人間はルールに従わなくてはならない。僕は愚痴りながらも反省文を提出し、総務からは事故のことよりも、そもそも出社時間が遅いと見当違いの軽い説教を受けた。

加害者や保険会社とのやりとり、車の修理や代車のやりとりなどをしていると定時を迎えてしまった。

メールの受信ボックスは30件ほど溜まっていた。連絡がつかないとか怒りのメールも見てとれた。メールの送信者全員に「僕は事故に遭った可哀想な人間なんだ!」と伝えたかったが、社会人に人を思いやる感情がないことを思い出して諦めた。

スマホが鳴る。直接の加害者である白髪の老人から心配するような電話であった。どうしても人身事故にしたくないらしい。毎日のように心配の電話がかかってくる。うっとうしい。本気で心配する気ならもう二度と車に乗るんじゃあないよ。

畜生。ただでさえ終わらない仕事が面倒な作業が増えたせいで、全く終わる気配がない。今日も帰れない。今頃ぬくぬくと床に就いているであろう白髪の爺さんとサングラス爺さんの顔が思い浮かんで腹が立った。

僕の人生がうまくいっていないのも、全て奴らのせいだ。

奴らの憎たらしい顔が頭から離れない。

ーードンッ(白髪の爺さん)

ーードンッ(サングラスの爺さん)

止まっているだけの車にぶつかりやがって!!

ーードンッ(白髪の爺さん)

ーードンッ(サングラスの爺さん)

正しくブレーキもかけれないなら、公道を走るな!!

ーードンッ(白髪の爺さん)

ーードンッ(サングラスの爺さん)

ドンキーコングッ!!

僕はSFCの名作アクションゲームのスーパードンキーコングシリーズが大好きなのですが、中でも『ドンキーコング2』が好きで、小学生の頃何度も102%クリアしました。

難易度は比較的高めですが、アクションゲームとしての完成度が非常に高く、何回挑戦しても楽しめるゲームになっています。

『ドンキーコング2』は、ゴリラ会のキングことドンキーコングさんがさらわれて、舎弟であるチンパンジーのディディーコングとその付き添いでガールフレンドのゴリラのディクシーコングが救出に駆り出される恐ろしいお話です。

小柄のチンパンジーとゴリラの二匹が、ボスのドンキーコングを助けるために最強のワニ軍団に挑む姿は感動的です。僕は上司が捕まって困っていたとしても、すぐに諦めて新しい上司に尻尾を振ることになるでしょう。

家族や社会との絆を学べる良作です。

ニンテンドースイッチオンラインのスーパーファミコンのタイトルに追加されたので、交通事故でブルーな気持ちの方は是非プレイしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です