みんなもMacBook Pro2018(Touch Bar搭載モデル)買おうぜ!!

ストレスを洗い流せ!”涙活”のための厳選コンテンツ100本をご紹介

たなやしき

みなさん、”涙活(るいかつ)”って知ってますか?
涙活とは?
意識的に涙を流すことで、ストレスを解消する活動のことです。
モヤモヤしたり、怒ったりしてても、泣くとスッキリするアレです!!

ただし!この涙とは、アクビや玉ねぎで泣くのでは効果がありません!!

悲しみや感動といった感情を揺さぶる涙でなくてはなりません。
悲しい感情がゆさぶれると、鎮静効果がある脳内物質「エンドルフィン」が増加するとともに、感動の涙にはストレスホルモン「コルチゾール」が含まれており、泣くことで体外へ排出されます。

つまり、「”涙活”とは感情が揺さぶられて涙することでストレスフリーな生活を手に入れよう!!」ってことです。

トラン

えー、感情的に泣けと言われても。どうやって泣けばいいの?

その通りです。いきなり感情的に泣けと言われても、情緒不安定でなくては無理です。
”涙活”のためには、泣くためのコンテンツが必要です。

でも、安心してください!
たなやしきが”涙活”のために厳選した感動コンテンツをご紹介いたします!!

小説で涙活しよう!

たなやしき

みなさんは、普段本を読まれていますか?

「本を読むのが好き!」という貴方には、小説を読むことによる”涙活”をご提案します。

小説ってとても繊細で、心が動かされますよね。
本屋でたまたま手に取った一冊が人生のバイブルになることだってあります。(ちなみに僕の人生のバイブルは、今のところ夏目漱石の「こころ」です。)
さて、小説による涙活は以下のようなオススメできるポイントがあります。

小説涙活のオススメポイント
  1. 読者の想像力次第で無限に涙を流すことができます。
  2. 心理描写がその他コンテンツより繊細であることが多いため、より深い感動が得られます。
  3. 涙活だけでなく、教養や知識が得られる複利的な効果も!

でも、小説って数が多すぎですよね。量が量だけに全く心を揺さぶられない地雷本がたくさんあるのは仕方がありません。

そこで、たなやしき基準(ナトゥメ先生監修)ではありますが、心にズシンと響く、涙を流すのに特化した至極の小説たちをランキング形式を以下にご紹介しています。
ノンフィクションの「夜と霧」や世界的にヒットし映画化された「スタンドバイミー」など多岐にわたっており、号泣する大好きな作品を見つけられますので、是非ご確認くださいませ。

漫画で涙活しよう!

たなやしき

漫画って面白いですよね?
海外もありますが、やはり日本の漫画が一番好きです!!

「漫画大好き!」という貴方には、漫画を読むことによる”涙活”をご提案します。

漫画ってキャラクターの容姿、表情、動き、緊張感がリアルに感じられますし、とても読みやすいながら感情移入がしやすいですよね。

さて、漫画による涙活は以下のようなオススメできるポイントがあります。

漫画涙活のオススメポイント
  1. 小説と比較すると表現力が高いので、キャラクターの繊細な表情や動作がより鮮明に理解でき涙が誘われます
  2. 難しい内容でも絵があることで理解しやすいところも良い!

涙が止まらないであろう涙活オススメ漫画10作品をランキング形式を以下にご紹介しています。
社会派ヒューマンドラマの「おやすみプンプン」、あだち充の名作ラブコメの「みゆき」、本格囲碁漫画「ヒカルの碁」とジャンル問わず泣ける漫画を集めていますので、きっと貴方にあった号泣作品が見つかりはずです!

アニメで涙活しよう!

たなやしき

アニメってサイコーです!
アニメがあるだけで日本に生まれてよかったって思います

そんな「アニメが一番!」という貴方には、アニメを観て”涙活”しましょう!

アニメって全話を一気に観ちゃうくらい熱中して引き込まれてしまいますよね。
アニメ視聴による涙活は以下のようなオススメできるポイントがあります。

アニメ涙活のオススメポイント
  1. アクション、声、効果音が入っており、漫画以上に表現力が凄いです!
  2. BGM、主題歌が良ければ、それだけで涙活できます!

涙活オススメアニメ20作品をランキング形式を以下にご紹介しています。
トランスジェンダーを題材とした「放浪息子」、死後の世界を取り扱った感動ファンタジー「Angel Beats!」、感動の王道・世界名作劇場から「ロミオの青い空」と号泣必至な名作を集めておりますので、是非ご確認下さい!

 

ゲームで涙活しよう!

たなやしき

テレビゲームって意外と感動するんですよ?
ゲームしたことないって人にも挑戦してもらいたいです!

「ゲームやってみたい!」という貴方には、ゲームによる”涙活”をご提案します。

ゲームって感動するか?
って思う人も多いと思いますが、事実かなり感動します!

というのも、前述で紹介したコンテンツはあくまでインプットのみですが、ゲームは操作というアウトプットが存在します。
それにより、主人公に対する感情移入が半端ないんですよ。

さて、そんなゲームによる涙活は以下のようなオススメできるポイントがあります。

ゲーム涙活のオススメポイント
  1. 自分の操作ミスで死んでしまうこともある主人公との一体感が他のコンテンツとは異次元
  2. グラフィックが最先端!(もちろんソフトによります)

ただし、基本的にゲームはプレイヤーに楽しんでもらおうとして製作されていますので、感動するゲームというのは限られています。

たなやしき基準(ピエロ先生監修)ではありますが、涙が止まらなくなる号泣必至のゲーム10本をランキング形式を以下にご紹介しています。
ゲーマーでなくても聞いたことのあるファイナルファンタジーシリーズでも随一の感動作品「ファイナルファンタジーⅩ」、超能力者として生まれて皆に恐れられながらもCIAとして生きる一人の少女の人生を描いた「BEYOND Two Souls」、泣きゲーというジャンルを気づいたまさに涙活用ゲーム「AIR」など涙が止まらなくなるゲームをたくさんご紹介します!

まとめ

”涙活”とは、感動による美しい涙を流すことで、ストレスも洗い流してしまおうという美しい活動です。
本記事で取り扱った涙活コンテンツの特徴を簡単にまとめます!

  1. ”小説”は読者の想像力で涙活効果が無限大!
  2. ”漫画”は表現力が高く読みやすいオールラウンダー!
  3. ”アニメ”はアクション、声、効果音による没入感で一気見だ!
  4. ”ゲーム”は操作というアウトプットによる唯一無二の感情移入!!

たなやしき

僕のように美しい涙を流してくださいね!!
それでは、次回もたなやしきで待ってるぞ!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です