みんなもMacBook Pro2018(Touch Bar搭載モデル)買おうぜ!!

日常に不気味が混ざり合う恐怖の短編集ーーシャーリィ・ジャクスンの『くじ』を読んで

『くじ』ってどんな本

『くじ』とは、人間心理の異常さを描くのに長けたシャーリィ・ジャクスンが送る短編集です。

特に、表題と同じと名前の短編『くじ』は、1948年の発表当時から絶大な反響を呼び、今なお読者に衝撃を与える名作となっています。

 

収録された短編を勝手に評価した

収録作品は、表題になる『くじ』を含めて全22話。

興味深い作品ばかりだけど、全部読む時間がない人のために勝手に得点をつけてみました。最初からよりも、得点高い順に読んでみると、興味が湧いて全部見れるかもしれません。

第1章(5作品収録)

1. 酔い痴れて

おもしろ度 6/10点

ナトゥメ
いつの世も若者は不思議。行動を理解できないデス

2. 魔性の恋人

おもしろ度 6/10点

ナトゥメ
不気味な雰囲気はいいが、意味不明過ぎマス

3. おふくろの味

おもしろ度 4/10点

ナトゥメ

???

すみません、意味がわかりマセン

4. 決闘裁判

おもしろ度 6/10点

ナトゥメ
盗人との高貴な戦い。久しぶりに意味がわかる作品デシタ

5. ヴィレッジの住人

おもしろ度 7/10点

ナトゥメ
なりきり女子のお話。
良く出来てる作品デス。

第2章(6作品収録)

1. 魔女

おもしろ度 7/10点

ナトゥメ
怪しいおじさんと子供の会話を心配する母親。結構直接的に怖いお話。
おじさんは魔女なのかな?

2. 背教者

おもしろ度 6/10点

ナトゥメ
えっ、ワンチャンはどうなったのさ?

3. どうぞお先に、アルフォンズ殿

おもしろ度 5/10点

ナトゥメ
「そちらこそ、どうぞお先に、アルフォンズ殿」の響きはいいね

4. チャールズ

おもしろ度 8/10点

ナトゥメ
幼稚園のクラスに1人は、イタズラっ子で迷惑なやつっているよね。

全く、親の顔が見てみたいデスヨ

5. 麻服の午後

おもしろ度 4/10点

ナトゥメ
作品を見られる恥ずかしい気持ちってありますよね。

6. ドロシーと祖母と水兵たち

おもしろ度 4/10点

ナトゥメ
水兵さん怖いねー

第3章(5作品収録)

1. 対話

おもしろ度 4/10点

ナトゥメ
医師と患者の対話。なんか不気味

2. 伝統のあるりっぱな事務所

おもしろ度 5/10点

ナトゥメ
息子と旦那を謙虚に自慢大会

3. 人形と腹話術師

おもしろ度 6/10点

ナトゥメ
腹話術で喧嘩する男と娘に強烈な一撃

4. 曖昧の七つの型

おもしろ度 6/10点

ナトゥメ
ディケンズにこだわる読書好きだが、若くして働きに出て、ほとんど本を読んだことがない男。
設定がすでに不気味デス。

5. アイルランドにきて踊れ

おもしろ度 7/10点

ナトゥメ
わしはばばあは大嫌いだ

第4章(6作品収録)

1. もちろん

おもしろ度 6/10点

ナトゥメ
シャーリィさんは、もちろんという言葉に引っかかったのデスカナ?

2. 塩の柱

おもしろ度 7/10点

ナトゥメ
不思議な住人と異常な町と塩の柱とならんとする女

3. 大きな靴の男たち

おもしろ度 8/10点

ナトゥメ
老獪な家政婦と、家政婦を従えることを夢見る若い女主人のお話。果たして女主人は家政婦を上手く操れるのか!?

4. 歯

おもしろ度 7/10点

ナトゥメ
妄想と現実の境目がわからない。
抜歯のあたりから妄想が加速している?
やはり、歯が本体なのデショウカ!?

5. ジミーからの手紙

おもしろ度 6/10点

ナトゥメ
手紙を見るか送り返すかで、こんな頭脳戦を繰り広げるかね。『かぐや様に告らせたい』みたい

6. くじ

おもしろ度 9/10点

ナトゥメ
奇妙な掟の村の奇妙やくじ。伝統的なくじの当たりを引いたものには……
表題にもなっていマスので、『くじ』だけでも見てみましょう

『くじ』を読んで、シャーリィ・ジャクスンさんに思うこと

全体的に戦慄的な恐怖を感じる作品は少なく、どちらかというとジワジワと迫ってくる恐怖を表現している。『くじ』の遅滞的な恐怖は、常識の中の僅かなズレから生み出されている。我々の常識とは少し違う登場人物と普通の感性が1:9くらいで混ぜられており、その違和感がジャブのように恐怖を増幅させてくれる短編集となっています。

1965年に亡くなったシャーリィ・ジャクスンさんに、勿論お会いしたことはないですが(すでに転生されておいでなら話は別ですが)、文書から人柄を感じます。日常の恐怖に敏感で、料理上手(料理の描写が美味しそう)で、人間観察力と想像力がすごい人(観察とシャーリィさんの想像が混ざっている表現が多い)。

【書評・考察】シャーリィ・ジャクスンの”ずっとお城で暮らしてる”が謎過ぎたので考察したよ

『ずっとお城で暮らしてる』でも感じましたが、心理描写がとても繊細で凄いです。
こういった繊細な方は、小説家の才能に恵まれているんでしょうが、日常生活では色んな情報が飛び込んできて思考を困惑しやすそうで大変ですね。ブラック企業にでも就職したら、色々考えすぎて、鬱になりやすそうです。

なんて、何のゆかりもないシャーリーさんを勝手に心配をしたりしちゃいます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です