みんなもMacBook Pro2018(Touch Bar搭載モデル)買おうぜ!!

【書評】「屍人荘の殺人」は今年最高のミステリー。マジで面白いから見て欲しいけど、ネタバレ厳禁

たなやしき

こんばんはー、たなやしき(@tanayashiki)です。
本日は、最近読んだ小説で一番オススメなミステリ作品”屍人荘の殺人”を紹介するぜ!

屍人荘の殺人とは

今村昌弘のデビュー作にして、2018年のミステリーの賞を総なめにした作品。
レジェンドたちも絶賛で、文句無しで面白いので、ぜひ読んでほしい。(ネタバレには注意)

神紅大学ミステリ愛好会の葉村譲会長の明智恭介は、曰くつきの映画研究部の夏合宿に加わるため、同じ大学の探偵少女、剣崎比留子と共にペンション紫湛荘を訪ねた。

合宿一日目の夜、映研のメンバーたちと肝試しに出かけるが、想像しえなかった事態に遭遇し紫湛荘に立て籠もりを余儀なくされる。緊張と混乱の一夜が明け―。部員の一人が密室で惨殺死体となって発見される。しかしそれは連続殺人の幕開けに過ぎなかった…!!究極の絶望の淵で、葉村は、明智は、そして比留子は、生き残り謎を解き明かせるか?!奇想と本格ミステリが見事に融合する選考委員大絶賛の第27回鮎川哲也賞受賞作!

Amazon 作品紹介より

注意
僕のブログで初めて”屍人荘の殺人”を知った人は、どうかググらないでほしい。Googlenの予測変換で最も重要なネタバレが見えてしまうので……
屍人荘の殺人の主な受賞タイトル
「屍人荘の殺人」の評価
没入感
(4.0)
登場人物のキャラ立ち
(4.5)
トリック
(3.5)
予想外度
(5.0)
総合評価
(4.5)

文体が読みやすい

”屍人荘の殺人”はとっても読みやすく、没入感がすごい作品だ。知らない単語や表現はなく、スラスラ読み進めてしまうため、ページ数の割にかなりのスピードで読み終えることができるぞ。

読みやすさを重視しているため仕方がないことだが、美しい描写・表現は殆ど見られない。しかし、考え抜かれたストーリー構成や奇抜なトリックは面白く、表現力不足の欠点を見事に補っている。

最近売れている本は、読みやすさとテンポが重要なんだなーと感じます。ミーハーなので、「君の膵臓をたべたい」とか読みました。内容は薄いけれども、文章のリズムが良くて、2時間弱で読了することができます。youtubeやNetflixなどを筆頭にエンターテイメントが分散している今、読書自体のハードルを下げて、簡易に消費できる小説が求められている気がします。”屍人荘の殺人”は読みやすいだけでなく、読者に衝撃も残す良作となっていますので、小説を書いている方は参考になるかと思います。

▼一般大衆のフリータイムを奪い合う競合他社(小説家はこんな面白モンスターたちと戦わなくてはならない)

名探偵が美少女

シャーロック・ホームズや名探偵コナンのように名探偵が事件に巻き込まれていくスタイル。

名探偵は主人公の大学の同級生です。その名も、剣崎比留子。ーーヒルって、名前は可愛くないな、合ってるけど。

名探偵が美少女という設定は、ライトノベルでは良くありそうですが、一般向けとしては珍しいんじゃないかな、多分。ちょっと西尾維新のくびきリサイクルがよぎったが、アレはどちらかというとキャラ重視のラノベ寄りで、トリックなどは凝っていなかったと思うので、無関係。

名探偵・比留子ちゃんは、脳内で、アニメAngel beatsの天使で具現化されてた。何でだろ。わかんない。

クローズドサークル

屍人荘の殺人は、クローズドサークル作品である。これは、帯にも記載があるんで、ネタバレじゃないよね……

クローズドサークルとは

ミステリ用語としては、何らかの事情で外界との往来が断たれた状況、あるいはそうした状況下でおこる事件を扱った作品を指す。

例えば、”十角館の殺人/綾辻行人”では「無人島」が舞台で帰れない、”かまいたちの夜/我孫子武丸”では「雪山のペンション」で吹雪いて戻れない……みたいな感じ!

以上のように、クローズドサークルでは、閉鎖空間を作り出さないといけない。屍人荘の殺人では、このクローズドサークルの作り方が、予想外で秀逸であった。正直、はじめは冗談でしょって思って少し冷めたが、読んでいくとその条件をちゃんと反映させた良質なミステリーとなっている。

これ、すごいよ。あのネタをクローズドサークルに利用するだけでなく、トリックにも密接に組み込んでいる。本格ミステリ今年1番の収穫

本書の帯の太田忠司さんの一言

ある研究所の薬品(バイオハザードでいうTウイルス)がばら撒かれ、紫湛荘の近くの音楽ライブの客がゾンビ化し、あたりはゾンビだらけになって、外に出れなくなる。衝撃ですよねー

最後に

たなやしき

新本格ミステリーはやっぱり面白いなー。
読者で推理したり、どんでん返しされたり、トリックで驚いたりと、楽しんで見れるもんね。
そうデスね。
「くそったれ、お前らみたいな殺人者の集まりと一緒にいられるか」
というお約束のセリフもありますしね!!

ナトゥメ

たなやしき

ああ、アレはいつ聞いても最高だね。
さて、次も新しい良書を求めて本屋に入り浸るか。
それでは、次回もたなやしきで待ってるぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です