PS2名作ランキングベスト96……1位は◯◯◯シリーズの傑作

硬直型マインドセットになってないですか?『マインドセット「やればできる!」の研究』を読んで

ナトゥメ
たなやしきさん!!
どうしても読んでもらいたい本がありマシテ……『マインドセット「やればできる!」の研究』って本なんデスケド
たなやしき
なんだよ。その胡散臭いタイトル。
母親に「たなやしきは、やればできる賢い子だから!」って何回言われたか……なんで僕にオススメなんだよ?
ナトゥメ
うわぁ、その教育方針はヤバいデスね。この本に出てくる「硬直型マインドセット」が正にたなやしきさんのことなんデスヨ!
たなやしき
その「硬直型マインドセット」って良い意味?
ナトゥメ
……そこは、自分の人生でご確認くだサイ

著者のキャロル・S・ドゥエックさんって?

たなやしき
本をより深く理解するためには、著者がどんな人かを理解する必要があるのだ!
キャロル・S・ドゥエックさんとは?
スタンフォード大学の心理学教授で、社会心理学、発達心理学における世界的権威。イエール大学で心理学博士号を取得後、コロンビア大学、ハーバード大学で教鞭を執っている、とても偉い先生だ。

TEDでもプレゼンをしているので、Youtubeを貼っておきます。
日本語の字幕もあるので、是非見てほしい。鈴木杏樹さんのような優しそうな素敵な女性ですね。

『マインドセット「やればできる!」の研究』はどんな人が読むべき?

ナトゥメ
『マインドセット「やればできる!」の研究』を読むのがオススメな人はこんな人デス
本を読むべき人
  • マインドセットに興味がある人
  • 人生が上手くいっていないと感じている人
  • 才能がないとへこんでいる人

マインドセットってそもそも何?

では、『マインドセット「やればできる!」の研究』のタイトルにもなっているマインドセットとは何でしょうか。
簡単に言うと、何か物事を判断するときの基準となる考え方です。当然ですが、マインドセットは一人一人異なっています。

それでは、マインドセットの例題をご紹介しましょう。


貴方はアラサーの会社員です。
本日、隣の市のA工場に出張があり、電車に乗らなくてはなりません。貴方は余裕を持って、15分前に発車駅に着くバスに乗りましたが、道が混んでおり間に合いませんでした。

しかし、どうしても出張先に定刻までに着かないといけない貴方は、会社から自家用車で出張先まで運転していくことにしました。慣れない道でしたが、何とか出張先まで間に合いそうです。貴方の機転で、出張への遅刻しなくても良さそうで、少し自分を褒めてあげようとさえ思いました。

……と、安心したのもつかの間、退屈そうな警察官に止められ、スピード違反で捕まってしまいます。そんな馬鹿な!こういう急いでいるときほど、慎重になって速度を守っているつもりでした。しかしながら、山の下りは制限速度50kmでしたが、下ってすぐからは、制限速度40kmとネズミ捕りのための道路構成でした。スピードガンは「56km」を示しており、初めての違反で、モヤモヤした気持ちのまま1万2千円を徴収されます。

嫌な気持ちになりながら、何とか出張先に着くも、みんな遅刻しており1時間も待ちぼうけをくらってしまいました。
最低な1日ですね。こんな人いるんでしょうか?
貴方は、こんなとき、どう感じるでしょうか?


 

たなやしき
うわぁああああ。
何て、最悪な日だ。僕の人生はいつもこんな感じだ。もう人生詰んでる。死にてぇ。ネズミ捕りなんて、馬鹿なことしてないで、市民のために仕事しろ、クソ警察が!!

というマインドセットの人もいれば、

あそこの道は、有名なネズミ取りポイントらしい。

坂道の始まりと終わりは原則スピードを極限まで落とすことを学べたなぁ。大きな事故もなかったし、罰金も最低限だった。次は絶対同じような場所では引っかからないぞ!!あんな辺鄙な場所で一日中交通ルールを遵守させる立派な警察官に幸福が訪れますように……

というマインドセットの人もいます。

著者・キャロルさんは、20年に渡る研究によって、マインドセットは大きく以下の2つに分かれると言っています。

  1. 硬直型マインドセット = fixed mindset(悪い)
  2. しなやかなマインドセット = growth mindset(良い)

本書では、しなやかなマインドセットが如何に人生を好転させるか、ということを様々な角度から言及しています。もうお分かりだと思いますが、先ほどの例題で、たなやしきの反応は「硬直型マインドセット」、トランの反応は「しなやかなマインドセット」になります。

しなやかなマインドセットと硬直型マインドセットの違い

たなやしき
「しなやかなマインドセット」「硬直型マインドセット」の例を表で分類したよ、僕は明らかに「硬直型マインドセット」だなぁ
注意
スマホの方は、横にスクロールしてみてね。
能力・才能ってどう思う? 努力って何? 賢いと感じるのは? 苦手なスポーツについてどう思う? 理想のパートナーは? 人間関係を良好にするには?
しなやか 成長させてくれるもの 賢く有能にしてくれるもの 以前できなかった問題が解けたとき 一生懸命努力してみないと苦手かわからない より良い人間になる意欲を掻き立ててくれる人 互いの努力が必要
硬直型 生まれながらの固定的なもの 忌まわしいもの 人にできないことを簡単にできたとき 自分には向いていないと考える 自分を尊敬し、崇めてくれる人 性格の相性が重要

しなやかなマインドセットになるとどんな良いことが?

「しなやかなマインドセット」を持つ人には、基本的に良いことしか起こりません。

えっ、嘘っぽい?

いえいえ、本当です。キャロルさんは20年の研究で多くの利点を挙げています。その内の幾つかをご紹介しましょう。

新しいことを学べる

「硬直型マインドセット」の人は、現在の能力で賢さの証明することが大事です。今できる得意なことを、より簡単にやるという精神が働くので、挑戦することを苦手としています。能力の成長を信じて、新しいことに取り組めるのは「しなやかなマインドセット」を持つ大きな利点です。

結末が変わる

「硬直型マインドセット」は生まれながらの能力(=才能)に固執するため、才能がないので努力するだけ無駄と諦める傾向にあります。努力をしないため、努力をしていないなりの結末が待っています。「しなやかなマインドセット」は、努力でどんなことも成長できると信じているため、何事も結末は変化していきます。

抑うつに強い

マインドセットは抑うつに対する影響も大きいです。「硬直型マインドセット」の人は、失敗は許されないタイプであるので、壁にぶつかった時に抑うつにかかってしまう可能性が高いです。逆に「しなやかなマインドセット」の人は、壁にぶつかった時に成長のチャンスとする傾向が強いため、メンタルが強く、抑うつへの抵抗が高いです。

成績・芸術・スポーツができるようになる

勉強・芸術・スポーツというのは、生まれながらのセンスが重要な印象がありますね。しかし、『マインドセット「やればできる!」の研究』では、全ては努力次第で成長ができ、才能が開花することが言及されています。

「硬直型マインドセット」の人は、天賦の才を信じています。一度のテスト、計測、実戦で自分に才能がないと諦めてしまいます。諦めて努力しない人は、その分野が得意になることはありません。

「しなやかなマインドセット」の人は、努力で才能が開花することを知っています。事実、「しなやかなマインドセット」「硬直型マインドセット」の人を比較すると、学習方法の効率性が全く異なっている場合が多いです。能力ではなく、努力手法を洗練させていく傾向にあります。

人間関係を良くできる

「しなやかなマインドセット」の人は、人間関係すら良くしてしまいます。ずるい奴らだ。

「しなやかなマインドセット」の人は、相性ではなく努力で解決するため、人間関係が良好になる確率が高まります。これは、社交的か内気かどうかは関係なく、いかに努力をするかになります。内気で人間関係が上手くいっている人は沢山居ますし、その逆もしかりです。人間関係は元来の性格というよりも、マインドセットが重要なのです。

「硬直型マインドセット」の人は、性格の相性を重視し、お互いに努力しようとしません。百歩譲って、結婚相手は相性がピッタリで、努力せずとも上手くいく可能性はありますが、日々会う人とはそうもいきません。努力なしで、人間関係が上手くいくはずがないのです。

マインドセットをしなやかにするにはどうすればいい?

たなやしき
「しなやかなマインドセット」が重要であることはわかったぞ。でも、具体的にはどうすればいいの?

まず、最初に言っておくことは、マインドセットは変えることができるということ。脳は使えば使うほど、神経の伝達力は高まり、成長していく。これは、以前紹介した『一流の頭脳』でも記載があった通り、神経可塑性という特徴ですね。

【書評】脳を知ることは、日常を幸福に変えること。「一流の頭脳」から脳の働きを紐解いていこう

「硬直型マインドセット」の考え方が浮かんだことを認識して、「しなやかなマインドセット」の方向へ意識を持っていくことが大事です。それを繰り返すことで、神経可塑性の効果で脳が「しなやかなマインドセット」の傾向に変化していきます。僕が気になった意識改革の方法を以下にまとめました。より詳しく理解するには、『マインドセット「やればできる!」の研究』を読み解いて下さいね。

しなやかなマインドセットになるには
  • 困難に打ち勝って何かを学ぶとき。脳に新たな回路が形成されることを意識しよう。
  • 現時点での能力から成長することを認識すること。今できないことは、能力がないわけではないという意識を持つ。
  • 自分の価値が決まってしまうような経験(大学入試、就活、昇進など)で失敗した場合は、そこから何が学べるか、何を学んだかを意識しよう。
  • やりたいと思っていながら、自信がなくてやれていないことは、すぐ始めよう。
  • 憧れの人物は、天賦の才ではなく努力していることを見極めよう。
  • 諦めて頭を働かせるのを止める瞬間はないか?そういう時ほど、しなやかなマインドセットを意識しよう。
  • ありきたりだが、失敗をバネにするという意識が大事。
  • 拒絶された相手の幸せを祈る意識をする。復讐はNG。
  • 相手のせい・世の中のせいにしないこと。全ては自分が変えられることを意識する。
  • 壁にぶつかった時に諦めないことが、しなやかなマインドセットへの道が開ける。

最後にまとめ

いかがでしたでしょうか。

僕はかなり「硬直型マインドセット」な人間でした。貴方や周囲の人にも「硬直型マインドセット」の傾向がある人は多いのではないでしょうか。

マインドセットは、本当に人生を変える大きな要素であり、誰もが鍛えることができるステータスです。僕はこの本に出会えたことを幸運だと思います。つまり、この記事を読んだあなたも幸運です。

「人生上手くいってないなー」とか、この記事を読んで更に深く掘り下げたいと思われた方は、是非購入してみてはいかがでしょうか?

たなやしき
それでは、次回もたなやしきで待ってるぞー!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です