みんなもMacBook Pro2018(Touch Bar搭載モデル)買おうぜ!!

【書評】ナトゥメとたなやしきの”我らコンタクティ”

 

たなやしき

あー、夢を追いかけてぇ

 

 

ナトゥメ

たなやしきサン、また変な妄想してマスね……

 

 

たなやしき

いくつになっても、夢は追いかけたいものだよ。
そんな、僕に夢を見れるような、漫画を紹介してくれ!!

 

 

ナトゥメ

(……夢を求めているのに、特に努力をしていない……会社を辞めたい……結構ワガママ……)
はっ!?
たなやしきサン、“我らコンタクティ”という作品をオススメしマス!!

 

 

 

 

ロケット開発する男

主人公の一人・中平かずきは下町の町工場で独自にロケットを開発している。

 

えっ? 下町ロケット??

って思った方、ちょっと違います。もっとユルイ話です。

 

 

本書は、ロケットの部品ではなく、ロケット自体を作っているのです。

なぜロケット開発をしているのかはネタバレなので、割愛しますが、彼のひたむきさと才能には脱帽だぜ!

かずきは、天才にありがちの変な人だ。

是非たなやしきに住んで、ロケットを作ってもらいたい。

会社を辞めたい女

もう一人の主人公・椎ノ木カナエは、OLをしているのだが、冴えない生活を送っている。

毎日会社を辞めたがっているのは、全社会人の共感ポイントだと思う。

元クラスの中心人物で、プライドが非常に高く、久しぶりに会った同級生・中平かずきにもガンガン上からの態度をとっちゃいます。

そして、中平かずきの開発途中のロケットを見て、

「こいつは金になる。会社辞めれる!!」

っていう考えが浮かび、この物語は始まっていきます。

夢追い人と便乗人

夢追い人・中平かずきと、その夢への便乗人・椎ノ木カナエ。

カナエちゃんは、適当だし、あんまりロケットに興味ないし、ワガママだし、性格も可愛くないし、そのくせ、人の夢や手柄を横取りして、凄い便乗してくるんだ。

でも、夢を追うのに費やした時間なんて関係あるかい?

それこそ、宇宙から見たら、たった一瞬の出来事なんだよ。

夢を追うのに必要なのは、技術、作業歴、情熱だけじゃない。

その瞬間に夢を感じれば、もう夢の飛行船の乗組員だ!

……ってことで、たなやしきは楽して人を利用する便乗人を全力で応援してます。

まあ、人生や夢なんて深く考えても、仕方がないさ。

そんな、たなやしきのようなダメ人間達には、扉絵の以下のフレーズを送ります。

なんかモヤモヤしたら、ロケットを打ち上げればいいさ

ーー扉絵の煽りより

評価

一巻完結であることと、スムーズな展開で一気読みできるのが良い。
最近の漫画って冗長なのが多いもんね。まあ、それもいいところでもあるんだけど。

絵柄の好みも別れるが、いい雰囲気だと感じた。
(最初は絵が汚いなって思ってたけど、段々味のある絵に引き込まれていった)

普通に面白いし、時間のない人にもオススメなので是非一読を!!

一話だけなら、公式サイトで見れちゃうぞ!

どうせ、最後まで見たくなるから、最初から購入を薦めるけどね!

最後に

 

たなやしき

なんか、カナエちゃん見てたら、自分も頑張れそうな気がしたよ。

 

 

ナトゥメ

カナエちゃんに共感するあたり、ダメな人デスネ……
我輩は、かずきの情熱が羨ましいデス。

 

 

たなやしき

ヒューイ、ヒューイ。
夢を追うより、便乗して、金持ちになりたい。
ヒューイ、ヒューイ。

 

 

ナトゥメ

……感受性が特殊ですね。
それでは、また次回もたなやしきで待ってるゾ!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です