みんなもMacBook Pro2018(Touch Bar搭載モデル)買おうぜ!!

【PS3】個人的名作ランキング64 (シーズン2:30〜39位)

シーズン2だぞ

 

ピエロ

こんにちは、今日はピエロがプレイしたPS3ソフトの名作ランキングのシーズン2だぞ。
30〜39位を紹介するぞ!君らにまだ見ぬ名作を紹介したいのだ!

採点方法

採点方式のおさらい。以下で評価したぞ。
シーズン1を見た人は、コピペなので飛ばしてよし!!

ストーリー(1〜5点)


ストーリー性ゼロ
ストーリー不要
普通
良作
感動して涙が止まらない

 

ピエロ

ゲームはストーリーがかなり重要。
ストーリーが微妙だと、よほどのゲーム性がないと最後までできない。

システム(1〜5点)

不便だったり、ツマラナイ
ちょっともたつく、微妙
平均的
快適
画期的なシステム

 

ピエロ

画期的なゲームシステムがあると、この時代に生きて良かったと実感するぞ!!
逆に不便なゲームはそれだけで、クソだと思われても仕方がない。

デザイン(1〜5点)

PS2レベル以下
PS3の画質とはいえない
平均的
高画質だったり、ゲームに合ったデザイン
美しい・オリジナリティが止まらない

 

ピエロ

デザイン・画質こそPS3の魅力だろ?
こっちは、スーファミみたいなレトロさなんて求めてないんだよ、ダボがぁ!!

魅力(1〜5点)

クソゲー(あくまで個人的)
他にすることがなければやる
一般的
今日も帰るとあいつがコチラを見て笑っている。
ダメダ、アイツのことが頭からハナレナイ

 

ピエロ

魅力がないゲームってあるよね。
女も同じさ、ぐふふ。
なんて……

ハマり度(1〜5点)

1日で君は積みゲーとなった。
1週間が君の寿命でした。新しいの買うので全く悲しくないよ。
全クリしたよ。暇だったからね……
全クリして、追加要素もやってしまった。
プラチナゲット。僕は君の全てを知っている。

 

ピエロ

魅力と何が違うって?
説明ばかり期待してないで感じろ!!
思考って数パーセントしか言語化できないらしいぞ。

30〜39位

39位 DEAD OR ALIVE 5

(14/25点)

仮想のおっぱいはどこまで進化しているのか?
そんな疑問がふと湧いた時、その答えは、このゲームの最新作をすればわかる。
常に最新のおっぱいを追求するおっぱいゲームの決定版。
デッドオアアライブのナンバリングタイトルの第五作目。

もちろん格闘ゲームとしても一級品。
以下のように追加コンテンツ同梱版もどんどん出てるので、
気に入ったらコンプリートや!

デッド オア アライブ5+
デッド オア アライブ5 アルティメット
デッド オア アライブ5 ラストラウンド

 

 

↓おっぱいなんて馬鹿らしい……全く興味ないぜって大人な方はこちらをどうぞ↓

38位 三國志12

(14/25点)

ピエロ大好き三国志シリーズの第12弾。
キャッチコピー「最強の三國志。」とは思えないほどのシステム・バランスの悪さ・イベントの少なさから各地でクソゲー認定されている作品。アマゾンでも過去最低の出来など、一つ星連発のゲーム。

ピエロも「最強の三国志。」では決してないとは思いますが、
画質がものすごく綺麗であること、
一騎打ちが面白いこと、
イベント・システムが簡単であるため、新しい三国志ファン獲得できるのではないか?
ということで、そこまで悪い評価ではありません。

ただし、本シリーズ初のオンラインの出来は、スマホアプリっぽくて、まあまあ良かったと思うよ。
まあ、最近のスマホアプリの方が断然クオリティ高いけど。

37位 真・三國無双7

(14/25点)

登場武将77名!!

もはや、クラスメイトの名前も覚えるよりも難しい。
1武将1時間遊ぶだけで、77時間も遊べるボリュームだ。

ストーリーモードは、「魏伝」、「呉伝」、「蜀伝」、「晋伝」、「他伝」5つからなる。
また、IFモードなるシナリオもあり、史実や三国志演義とは違ったシナリオを楽しむことができる。
もはや、イケメン、美女、ダンディ、じじいが入り乱れ、何がIFで何が史実なのか訳が分からなくなるが、もはや思考停止で楽しんだ方が良い。

本作では、将星モードという新モードも追加されている。
これは、基地・拠点を作り、仲間を集めて戦闘を行い、施設を作り発展させ、帝を呼び込むというモード。
仲間の数、総勢500名!!

ゲームシステムも、ストームラッシュ、ヴァリアブルカウンター、覚醒状態、3種類の無双乱舞、三すくみの概念等、もう豊富すぎる内容。

ゲーム開発者たちをここまで駆り立てたものは、何だったのだろうか……
圧倒的物量の本ゲーム。その気になれば、一生遊べると思う。

三国志とは何だろう…
ゲームとは何だろう…
生きている意味って何だろう……、
形而上学的な妄想まで想起させられる、この物量は、もう神ゲーというしかない。

36位 DARK SOULS II

(14/25点)

死んで、やり方を覚えて、再挑戦を繰り返す。
死にゲー・マゾゲーのダークソウルの第二弾。

ゲーム初心者・短気な人間はするべきではない。

・ある程度のゲームスキル(前作ダークソウル・デモンズソウルは余裕でクリアできる)
ジーザスのような穏やかな心(理不尽なステージ、敵キャラ、ボスキャラが多数存在します)
・次の日もゲームを起動する勇気
・ストレスが溜まっても発散できる環境

以上の環境があった初めて全クリへの希望が見えてきます。
ピエロは、デモンズソウルはプラチナトロフィー取れましたが、本作は途中でイラついて売りました。
ただし、名作には違いないので、挑戦したい方は是非!!

35位 RESISTANCE2

(15/25点)

レジスタンスの続編。
世界観、ストーリー、協力プレイ、対戦プレイ。
FPSの全てが詰まってると感じた本ゲーム。

FPS初心者にも優しく、完成された作品となっており、大変オススメ。

イギリス上陸作戦に参加した米国陸軍ネイサン・ヘイル軍曹の活躍により、人類は滅亡の危機を回避した。 それから2年後。1953年、キメラは突如アメリカ合衆国への侵入を開始する。空を覆う戦艦群、大地を踏み砕く歩行戦車、そしてビルをも薙ぎ倒す謎の巨大キメラ……その圧倒的な戦力を前に、人類は絶望する。 そんな中、ネイサン・ヘイルと戦友たち、キメラウイルスによる遺伝子操作で強化された兵士たちによるセンチネルチーム・エコーは、アメリカ本土で決死の戦いを続けていた。人類を救うために……。。

レジスタンス2”『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』
最終更新 2017年7月15日 (土) 07:58  URL: http://ja.wikipedia.org

34位 龍が如く4 伝説を継ぐもの

(15/25点)

ヤクザゲーの龍が如くシリーズの第四弾。

本作では、最強の男・桐生一馬の他に、
消費者金融「スカイファイナンス」の代表取締役・秋山駿
組員を18人殺害した死刑囚の「伝説のヒットマン」で桐生一馬と引き分けた怪力ゴリラ・冴島大河
神室署のゲスい刑事で成宮寛貴似のイケメン・谷村正義
を含めた4人が主人公。

ピエロが大好きな複数人視点で段々謎が解けていくタイプのシナリオで大変面白い作品となっているぞ。

33位 スーパーストリートファイターIV

(15/25点)

キャラクター総数35名のストリートファイターⅣのアップデート版。

新キャラクターのジュリちゃんは、初の韓国人キャラでテコンドー使い。
性格は残忍で、手段を選ばずに相手を殺そうとする。
かつて、シャドルーに奪われた左眼には、
風水エンジンが埋め込まれており、左眼によって気を増幅し、強力な足技を繰り出す。

ジュリちゃんは、強烈な厨二感、可愛さ、コスチュームのエロさを持っているためか、
オンライン対戦であるランクマッチでは、よく見かけたが、女性であるので耐久力が低いため、扱いが難しく、ピエロのような低ランクでは結構カモにできたキャラクターだった。

ピエロは、可愛いキャラを使いたかったが、結局、使いやすくて能力が高いリュウを使っていた。

あんまり格闘ゲームをしないので、最終的にPP1600くらいまでしか行けなかったが、
ずっと同じくらいの強さの人と対戦できるため、毎回、1ミスで負けてしまうような熱い戦いにな流ので、楽しかった!!

32位 メタルギア ライジング リベンジェンス

(15/25点)

隠れて、相手をホールドアウトするメタルギアソリッドとは違い、
本作では、敵に突っ込んで切りまくる!!

メタルギアシリーズにも登場する雷電が主人公。
メタルギアソリッド2の時とは違い、もはや人間ではない動きで、師匠ズラしてたスネークも、万に一つも勝てる気がしないくらいに強くなっている。

結構トンデモなシナリオだけど、アクションは面白く、爽快感もすごい。
メタルギアとは完全に別ゲーと思えば、神ゲーと言えるだろう。
シリーズファンには、ちょっと叩かれてたけど

31位 デビルメイクライ4

(16/25点)

デビルメイクライの四作目。

シリーズ初のダンテ以外の主人公が操作できる。
その名はネロ。右手にのみ悪魔の力を持つ超厨二キャラクター。

ゲーム開始と同時に、今までの最強主人公ダンテとのバトル。
勝てるわけねーと始めるが……ネロ、めっちゃ強いやん。
特に手が某・ゴム人間のように伸びて、正直ダンテより使いやすい!

パワーだけならダンテより上と称される程の実力。
(ダンテは、ワンピースでいうゴールドロジャーみたいな並ぶものがない存在)
ネロがなぜ、こんなに強いかは、ゲーム上では明らかにならないが、今後のナンバリングタイトルでわかっていくのでしょう。

以下のような説があるが、どれでも熱い展開である。
・ダンテの隠し弟説
・バージル(ダンテの兄)の隠し子説
・バージル死亡後憑依説
・バージル本人説

30位 アサシン クリード

(16/25点)

このゲームをした時の衝撃は忘れられない。

画像が秀麗すぎ!
アクションが凄すぎ!
ただ途中でワンパターンな操作になってだるくなって来るのもアサシンクリード!

教会の十字架等の高所から落下するシーンは、本当に落ちているようにゾクッくるぞ。

舞台は、十字軍やイスラム教徒でごった返す、12世紀末の聖地・エルサレム。
主人公・アルタイルは、アサシン最高の称号・マスター・アサシンとして、権力者や金持ちを次々と暗殺していく。その標的たちを暗殺する中で、その中に共通する秘密を見つけていく。

このアサシンクリードシリーズは、非常に多く出ており、一応ストーリーは繋がっているが、正直、好きな舞台のタイトルを選んで問題ない。どれも面白く、初心者に優しい。
全作品やってるわけじゃないので、適当に言ってるけど。

最後に、このゲームが凄いのはゲーム性だけではない、
プロデューサのジェイドレイモンドが激かわ美人なのだ!!

最後に

 

ピエロ

30〜39位は、もはや名作しかない!!
これからの順位はどうなってしまうんだぁあああああ
……では、次回もたなやしきで待ってるぞ!!

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です